ドラッグストアからの薬剤師の求人に適正のあるのは、患者さんの細かなケアをしてあげられる医療人である事です。

薬剤師の求人の特徴についての解説となります。
薬剤師の求人の特徴についての解説となります。

ドラッグストアの薬剤師の求人の適正は?

ドラッグストアの薬剤師の仕事は、単に販売だけではありません。OTCと言われる業務も行うことは行いますが、それよりも、薬剤師としての知識を活かした患者さんのケアが出来る人に適正があります。ドラッグストアの薬剤師の求人の際に求められる人物像とは、患者さんの病気の予防、未病、プライマリーケア、まで考えられる人材です。予防では相談に来た患者さんに対して、生活習慣をどのように改善した方が良いか、販売している健康食品や薬をどのように活用すれば良いか、に応えます。これらのアドバイスによって、患者さんのQOLを高める事が大切です。

次に、未病の段階は、なんとなくだるい、疲れている、といった健康ではないものの、完璧に症状が出ているわけでもない、という状態の患者さんに対して医療者としての適切なアドバイスを行います。プライマリーケアは、1次医療とも呼ばれ、症状を治すための薬のアドバイスを行います。場合によっては病院への紹介を行う事もあります。どの段階でも、患者さんのQOLを高めるのが薬剤師の仕事です。

Copyright (C)2017薬剤師の求人の特徴についての解説となります。.All rights reserved.