がん専門薬剤師の求人に応募するならば、がん専門薬剤師の資格が必要です。臨床能力を重視しているのが特徴です。

薬剤師の求人の特徴についての解説となります。
薬剤師の求人の特徴についての解説となります。

がん専門薬剤師の求人

知識はあるけれども、臨床能力はないという人は、がん専門薬剤師として働くのは難しいかもしれません。というのは、がん専門薬剤師の求人では、研究実績が考慮されるというよりも、臨床能力を重視する傾向にあるからです。いくら賢くても、臨床で実力が発揮出来なければ意味が無いと言われてしまうのです。がん専門薬剤師として本格的に働きたいのならば、それに特化した特別な資格があります。がん専門薬剤師の資格で、薬剤師の資格としては広告が可能、というのがとても珍しい点です。

資格取得のためには、日本医療薬学会が主催する認定試験に合格する必要がありますが、その試験を受けるまでのハードルが高いです。会員であることが条件であったり、薬剤師として5年以上の実績のあること、研修カリキュラムを5年以上受けて履修した者、がん患者への薬剤管理実績の50症例を提出すること、など他にもまだまだ各種機関から認定を受けておかなければ試験自体を受けられません。かなり専門性の高い職業だと言えます。

Copyright (C)2017薬剤師の求人の特徴についての解説となります。.All rights reserved.