薬剤師の求人でも、病院と調剤薬局ではやる事が全く違ってきます。両者の違いを把握して働きやすい方を選びましょう。

薬剤師の求人の特徴についての解説となります。
薬剤師の求人の特徴についての解説となります。

病院と調剤薬局の薬剤師の求人

以下は、今まで病院薬剤師として活躍してきたけれども、40代になり、子どもも中学校に上がるということで転職を考え始めた女性の事例です。病院薬剤師の調剤の仕事は大変やりがいがありましたが、残業や土日出勤が多く、自分の子どもとのコミュニケーションの時間が少ないのが気になってきました。子どもがちょうど中学に入学する時期を見計らって、この際なので転職を考えることにしました。薬剤師の求人情報を見て、条件が残業無し・土日祝日は休み・18時以降の勤務無し、で探してみると、調剤薬局の職場がありました。

しかし、長年病院で働いてきたので、いきなり調剤薬局に移るのには躊躇もある、といった事例です。この場合、病院での働き方と調剤薬局での働き方は確かに同じではありません。担当によっては全く違ってくる事もあります。しかし、業務内容の違いを最初に把握しておけば、働きやすい職場を優先して選ぶ事が出来ます。未経験の職場への転職は躊躇も当然あるでしょうが、希望条件にあった働きやすい職場選びをするべきです。

Copyright (C)2017薬剤師の求人の特徴についての解説となります。.All rights reserved.